竹中直人の子供(息子・娘)は俳優と電通?嫁の木内みどりの現在は?

Pocket

彼の特徴といったら、もちろんスキンヘッド!

芸能界一スキンヘッドが似合う男といったら竹中直人さんですよね。

でも、若い頃実はこんなに髪の毛がフサフサだった事実を知っていましたか?笑

この髪型も意外と似合っていますね(笑)

どうしても、現在の竹中直人さんのイメージが強いので多少違和感はありますがw

 

子供は?

竹中直人さんの子供達は一体どんな子供なんでしょうか。

嫁の木之内みどりさんとの間には2人の子供がいます。

長男 果女(かな)さん 1992年生まれ 年齢25歳
長男 星夏(せいな)さん 1998年生まれ 年齢19歳

年頃の娘さんと息子さんがいらっしゃるんですね。

長女の名前は果女さんですが、一部では夏菜なのではといった情報が。

夏菜といったらあの女優さんですよね。

ショートヘアがお似合いの人気若手女優です。

一体何故、竹中直人さんの娘が夏菜といった噂が流れているのか。

以下の画像をご覧ください。

実は以前、お2人はCMにて競演されたんですよね。

そのときのワンシーンがあまりにも本物の親子にみえたので、このような噂が広まりました。

たしかに、お2人とも顔が似てますよねw

スポンサードリンク

 

娘が電通?

娘の果女さんは一般人として生活されています。

なので、あまり情報は出てこないかなと思っていましたが、あの電通で働いてるのではないかといった情報が!

ただどうやら、芸能人の子供なので芸能界と深い繋がりがある電通の名前が出てきただけだと思います。

確実に判明しているのが出身学校について。

娘さんは、芸能人の子供が通うことで有名な成城幼稚園(成城学園)に通い、大学は成城大学出身。

成城大学といったら、芸能人の子供達が数多く通っていることで有名ですよね!

あのヒロミさんと松本伊代さんの息子さんも通っています。

 

娘の顔は?

最も気になるのが娘さんの顔ではないでしょうか。

唯一発見したのが高校時代の画像です。

貴重な父親とのツーショット写真♪

娘さんはおとなしい雰囲気ですが、竹中直人さんはいつも通りのテンションですな(笑)

 

息子が俳優?

続いて、息子の星夏さんについてです。

どうやら父親同様に俳優として活動しているとの声が!

ただこれも噂レベルで父親が俳優なので、息子も父の背中を追って俳優になったのではといった見方が強いです。

なので、娘さん同様に一般人として生活されてる可能性も高いです。

息子の顔写真は見つかりませんでした。

スポンサードリンク

 

嫁は?

では、最後に竹中直人さんの愛する嫁についての情報です。

彼が嫁に選んだのは元アイドルの木之内みどりさんです。

木之内みどり(きのうちみどり)

生年月日:1957年6月10日
出身地:北海道小樽市
学歴:明治大学付属中野高等学校 卒業
身長:163cm
体重:42kg

まさに清純派アイドル!

ちなみに現在の木之内みどりさんの画像がこちら。

相変わらずお綺麗です♪

 

嫁は再婚?

実は妻の木之内みどりさんはバツイチだったんですって!

アーティストの方と結婚されますが離婚されます。

元旦那の名前は、後藤次利
職業は写真からわかるようにアーティスト。
しかも、しかもです。
彼は木之内みどりと「付き合おう」となった時は、もうすでに結婚していて嫁がいた。
つまり、不倫をしていたということです。それくらい熱狂的に好きになってしまったというわけ。

まさに恋は熱しやすく冷めやすいを象徴しているかのようですねw

一方、夫の竹中直人さんはあの芸能人の方と結婚寸前までいきます。

木之内みどりとの結婚前に美保純と交際して結婚寸前までいったが破局

そして現在に至るといった感じです。

芸能人の方々は本当にいろんな方々と繋がりがあるなと実感させられました(笑)

 

結婚してからの2人は?

結婚生活に関して、竹中直人さんと木之内みどりさんの家族愛を象徴するエピソードがあったのでご紹介します。

「Shall we ダンス?」に出演後、オリバー・ストーンからオファーがあったが、
アメリカで約半年間の拘束があることから断った。
理由は「家族とそんなに長い間離れていたくないから」。
今後も長期間そういう状況になるようであれば、ハリウッド進出は考えていないとのこと。

本当に家族のことを愛しているんだなってのが伝わってきました。

改めて、家族の素晴らしさを竹中直人さんと木之内みどりさんから教えてもらえて感謝してます(*^_^*)

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*