菊池桃子の子供(娘)の学校は跡見学園と立教?名前は?病気で半身不随?

Pocket

歌手や女優として幅広く活躍されてらっしゃる菊池桃子さん。

元々、芸能界にまったく興味が無かった彼女ですが、スカウトされたことがきっかけで芸能界デビュー。

デビューシングル『青春のいじわる』は有名ですよね。

日本レコード大賞新人賞を獲得されたことで一気に知名度をあげました。

それにしても、若い頃の菊池桃子さんは本当にかわいいです♪

 

子供は?

そんな、みんなのアイドル菊池桃子さんも今では立派な母親へと変貌を遂げました。

プロゴルファーの西川哲さんとの間に子供が生まれます。

2人のお子さんがいます。
1996年8月、長男誕生(年齢:21歳)
2001年10月、長女誕生(年齢:16歳)

長男の名前は、幸秀(ゆきひで)くん
長女の名前は、小百合(さゆり)ちゃん

画像の子供達の笑顔にはいつも癒されてしまいますね(*^_^*)

 

学校は?

年齢的に息子さんが大学で娘さんが高校に通われてる可能性が高いです。

スポンサードリンク

具体的な学校名が判明しましたので、ご紹介させていただきます。

息子さんは、立教大学付属高校に通っていたと言われていたそうなので、現在は立教大学へ進んでいる可能性が高いです。
ちなみに息子さんは、小学生の頃から【速読】が得意で速読2段だそうです!

長女が入学した学校は、【学習院女子】【跡見学園中学】ではないかと言われています。
両校ともかなりの有名校ですよね。

お二人と偏差値が高い学校に通っているので、菊池桃子さんの教育力の高さがわかります。

 

病気ってホント?

実は娘の小百合ちゃんが、障害を抱えている事実をテレビにて告白され話題となりました。

具体的な病名や症状についてお伝えします。

長女は乳児期に脳梗塞となり、その後遺症から左手足に麻痺が残った。

なので菊池桃子さんの娘さんについて調べていると、『半身不随』といったキーワードが目立ちます。

まさか自分の子供が障害になるなんて、菊池桃子さんも予想外の事態にビックリされたと思います。

気になる現在の小百合ちゃんの様子なんですが、

リハビリが功を奏し、一人で歩くことも可能ですが、依然として左の手足には麻痺が残っている。

一人で歩けるまで回復されたとのことで、本当によかったです。

母親の菊池桃子さんは娘の病気について雑誌のインタビューでこう答えています。

子供が病気を持ったならば、
お母さんとして闘おうと考えた時期があった。

こう答えた背景には、自身もある病気と向き合っている現実があるからだとおっしゃっています。

 

母親も病気?

娘の病気と共に自身も難病と闘っている事実を公表されています。

子供たちを育てていく中で自身の病気が発覚しました。
病名はシェーグレン症候群とのこと。
目、口、鼻、皮膚、関節など、全身のさまざまな分泌腺が冒されてかわく病気。

スポンサードリンク

免疫機構にくるいをきたし自分の体を自分とは異なるものとして認識し、自らの体を攻撃してしまう病気だそうです。

原因不明の難病とのことで、この事実を聞いたときはビックリしましたね。

あの、トップアイドルだった菊池桃子さんが病気になるなんて…

人生いつ何が起きるか本当にわかりません。

幸いにも早期に病気を発見され、症状も和らいだのでよかったです。

昔に比べて現在は医療が発達しているのも大きかったと思います。

 

現在は?

ここ最近あまりテレビなどの表舞台に姿をみせていない菊池桃子さんなんですが、病気の影響なのでしょうか?

どうやら自身の病気と娘さんの病気がきっかけで新たな道に進まれたようです。

菊池さんは、娘さんの障害を通して、
障害を持った子どもの、
教育相談の場が少ないことを、
身を持って痛感され、

また、障害を抱える人達の雇用について、
勉強の必要性を感じ、
大学院に入学され修士号を取得。

現在は、「キャリア権推進ネットワーク」の、
理事に就任されています。

女優やアイドルのイメージが強かったので、この近況には驚きましたね。

彼女の今後の活躍が日本の教育界にもたらす影響は計り知れないはず。

期待したいですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*