加賀まりこの子供(娘)父親が生きてる?死因や現在の夫も!眉毛の位置?

Pocket

いつの時代も男性を虜にする小悪魔的アイドルや女優は存在しますが、加賀まりこさんもその1人だったようです。

こちらは加賀まりこさんの若い頃の画像ですが、めちゃかわいいですよね。

当時はカラーやメイクの技術もまだまだなのにもかかわらず、このクオリティ…

現代の女優やアイドルを横に並べたとしても、絶対に加賀まりこさんを選んでしまいますね(笑)

当時フランスでファッションモデルとして活躍されていた、ブリジット・バルドーさんに似ていることから、『和製ブリジット・バルドー』とも呼ばれてました。

たしかにお二人の雰囲気には何か共通するものがありそうですね。

言葉ではうまく表現できませんがw

 

子供は?

加賀まりこさんは1974年にフジオテレビのプロデューサーとしてお仕事をされていた、高田明侑さんと結婚します。

当時はまだ芸能人とテレビ業界の社員が結婚するのは珍しかったので、大々的に報道されました。

しかし、お二人の間に子供が生まれることはなく、1980年に離婚してしまいました。

スポンサードリンク

ただ、実はお二人が結婚する前に加賀まりこさんが子供を出産していたようなんです!

加賀まりこさんは高田氏と結婚する前に妊娠し娘も出産しましたが、残念ながら出産後すぐに子供は亡くなってしまいました。

いろいろと疑問点が浮かんだ方が多いと思います。

何故、出産直後に娘さんは亡くなってしまったのか、そして本当の父親は一体誰なのか。

真実に迫っていきましょう。

 

死因は?

現代の医療技術では出産直後に子供が亡くなるといった事例は皆無ですが、当時はまだまだ発達していなかったので事例がありました。

前置胎盤であったことから、帝王切開にて出産。
主な原因が気管支が塞がっているという理由の「肺拡張不全」により、生まれて数時間で息を引き取ってしまったのだそうです。

苦しみの末に出産し、ようやく愛する我が子に出会えたのに直後に亡くなってしまうのは、精神的に相当辛い出来事でしょう。

私達が今現在、健康に生きてる当たり前の事実に感謝しなくてはいけませんね。

 

父親は?

気になるのが子供の父親についてなんですが、噂にあがっている人物が二人います。

まず1人目がこちら。

俳優の石坂浩二さん。

前夫と結婚する前の1970年に、石坂浩二さんと同棲生活を送っていたことがわかっています。

この翌年の1971年に石坂浩二さんは女優の浅丘ルリ子さんとの結婚を発表されますので、おそらく子供の父親の可能性は低いかと。

ちなみに石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんのキューピット役となったのが、加賀まりこさんだったようです

そして、もう1人噂になっている人物がこちら。

こちらも俳優としてお馴染みの布施明さん。

布施明さんが加賀まりこさんの子供の父親なのではないかといわれている理由がこちら。

某芸能評論家に「ふせてあきらかにしたくないよね。」とコメントされたことから、布施明さんでは?という話になっています。

つまり、芸能界特有の噂レベルの情報に過ぎないといった感じですね。

はっきりとした子供の父親がわかりませんでしたが、結論を申しますと俳優の石坂浩二さんと布施明さんは父親ではないと思われます。

 

現在の夫は?

離婚してから数十年の月日が経った2004年に、とある人物が彼氏なのではとの噂が報じられます。

そのお相手の名前が清弘誠さんで、職業は演出家でTBSの社員でプロデューサーでもあるんですね。

『おやじの背中』や『渡る世間は鬼ばかり』などの有名ドラマを手掛けている敏腕プロデューサーです。

スポンサードリンク

アプローチを仕掛けたのは加賀まりこさんからで、一目惚れだったんだとか…

以下は加賀まりこさんが女性週刊誌のインタビューで答えた内容。

「5年越しにアプローチしてやっと振り向いてくれた男性だった。」

一番左に座っているのが清弘誠さん。

さすがプロデューサーさんなので、上品な品格が漂っていますよね。

 

二人は事実婚状態?

お二人が事実婚状態である事実が発覚したのは、TBSのアナウンサーである安住紳一郎さんが清弘誠さんに放ったこの一言。

「加賀さんと事実婚されている清弘誠監督ですよね!?」

この一言に対して事実婚を認め、世間に知れ渡ったといった流れです。

芸能界やテレビ業界で情報を隠し通すのは、至難の業なんだなと改めて実感させられました(笑)

 

眉毛がおかしい?

ネット上では加賀まりこさんの眉毛がおかしいのではないかといった声が挙がっています。

おかしいとは一体どういうことなのでしょうか?

これは画像で確認してみるのが手っ取り早いですね。

こちらの画像はテレビドラマ『花より男子』に出演されてた際のもの。

たしかに眉毛の位置が、左右非対称でおかしなことになっていますねw

昔の写真と比較してみますと…

眉毛の形や濃さも昔とはぜんぜん違いますね。

単なる加齢による劣化なのか、それとも何か病気を患っているのか、単なるカメラワークによってそう見えるだけなのか。

真相は分かりませんでしたが、70歳を超えた現在でも女優のお仕事に一生懸命に取り組まれている姿勢は、まさにプロフェッショナルですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*