宮本恒靖の子供(息子)の学校は?画像もあり!嫁の名前は光子?マスク?

Pocket

サッカー日本代表のキャプテンとして、チームをまとめていた『ツネさま』こと宮本恒靖さん。

日韓ワールドカップに出場された時のマスク姿をみなさんは覚えていますでしょうか。

前列の一番右に写っているのが、宮本恒靖さんです。

このマスク姿のイメージが定着し、当時は『バットマン』でも呼ばれていましたよね。

今から15年も前の出来事って事実が衝撃的でしたがw

全盛期は頭脳的なプレースタイルでチームの守備に貢献していました。

 

子供は?

そんな宮本恒靖さんには一人の息子さん、一人の娘さんがそれぞれいらっしゃいます。

娘さんについてはほとんど情報がなかったので、今回は息子さん中心にご紹介していきます。

息子さんなんですが、イケメンだと話題になっているんですよね。

初めて公の場に登場したのが、父親の宮本恒靖さんの引退試合です。

みてください、この完成されたフェイスを!笑

しっかりと父親の遺伝子を受け継いでいることがわかりますね。

 

名前は?

お2人の子供の名前は産まれたときに一般に公開していたようです。

調べたところ、かなり特殊な名前でした。

息子の名前は、恒凛(こうりん)、娘の名前は馨子(かおりこ)です。

一体何故このような名前をつけたのかはわかりませんが、一度聞いたら絶対に忘れないですよね。

最近流行のキラキラネームのインパクトには負けますがw

スポンサードリンク

 

学校はどこ?

恒凛くんは宮本恒靖さんが26歳のときに生まれた子供です。

現在、宮本恒靖さんは41歳なので年齢的に中学校に通っているかと思われます。

具体的な学校名などは公には公開されていませんでした。

年齢的にも周りの目を気にする時期ですし、そのころも考慮したうえでの判断でしょうね。

 

将来はサッカー選手?

宮本恒靖さんの引退試合に出場した恒凛くんですが、そのプレースタイルが素晴らしいとメディアで取り上げられました。

あの日本代表の伝説的存在である、中田英寿さんにも果敢に立ち向かいます。

将来はサッカー選手を目指すのかとの問いに対して、恒凛くんは「はい、もちろんです。」と即答されたようです。

身近にいる父親が一流のサッカー選手なので、自然とそのような考えになりますよね。

ただ、息子に対して父親からはこのような厳しい指摘をされています。

「僕は`トップでプレーするにはどうしたらいいか`」ということを常に考えていて、その連続の中でプロになることができた。
彼が積極的にそう考えなければ伸びることはできない。
それがサッカーなのであれば頑張って欲しいし、もちろんそれがサッカーじゃなくてもいい。
何かひとつ見つけてそれに集中してくれればいいと思っています。

本当に息子のことを愛しているからこその発言だと思います。

一つのことを突き詰めた結果が、将来に繋がってきますから。

 

嫁は?

プロサッカー選手の嫁といったら、モデルさんのイメージが強いです(笑)

その中でも宮本恒靖さんは高校時代の先輩とご結婚された珍しいパターンなんですよね。

2つ上の先輩だそうで、名前は光子さんだといわれています。

完全に確定しているわけではないので、自信をもって断言はできませんが・・・笑

スポンサードリンク

 

顔の画像は?

一般の女性なので公に公開されてないかと思いきや、夫婦揃って写っている画像を入手しました。

しかも、あの有名芸能人とも並んで写っています。

左から2人目の女性が、宮本恒靖さんの妻です。

そして右側に写っているのが、クルム伊達公子さん夫妻です。(現在は離婚してしまいました。)

一流のアスリート同士の交流の際に撮影された写真といった感じですね。

 

宮本恒靖の現在は?

引退してからの動向が気になりますが、テレビで解説者として観る機会が多くなりましたよね。

素人の私にも分かりやすく、丁寧な解説だった印象があります。

画像のプロフィールの部分をご覧頂きたいんですが、自身が所属していたガンバ大阪のユースチームの監督もされてるんです。

将来的にはガンバ大阪のトップチームの監督を目指しているので、頑張ってもらいたいですね。

 

この他の活動も!

実は解説と監督以外にもさまざまな活動をされてらっしゃいます。

その一部をご紹介させていただきます。

現役引退後は解説者としての仕事もしていましたが、「FIFAが運営するスポーツ学に関する大学院の修士課程」に合格しています。
日本人では宮本さんを含め、通算9名ほどしか卒業できていない超難関の大学院なんだとか。
ここで学んだ知識を元に、子供達の可能性を広げることを目的とする「KIDS SAVER(キッズ・セーバー)」というプロジェクトを立ち上げます。
プロジェクトに参加するのは、さまざまな分野で活躍するスペシャルな大人たち。
サッカーを通じて、日本全国の子供たちに、メッセージを伝えている。
このような活動を通して、サッカーの普及に努める宮本恒靖さんは現在、多くの講演活動も行っています。

このように引退してからも、多方面でお仕事されてるんですね。

サッカー選手の中でも、宮本恒靖さんのように引退後も幅広く活躍できるのはごく一部です。

日本代表でキャプテンをされてた時から、将来はもっとビッグになるだろうなと薄々感じていましたよ。

そう思ったワンシーンがこれ。

2004年に中国で開催されたアジアカップのヨルダン戦で、主審に詰め寄りPK戦の蹴る場所を変更した場面。

このとき英語で主審と交渉したはずですから、語学力と人の心を動かす力はかなりのものだなと思いました。

普通では考えられない出来事でしたからね。

 

自宅は?

彼の自宅の場所については不明なんですが、普段の自宅での様子からもサッカーに対する情熱が伺えました。

面白いエピソードがありましたので、シェアさせていただきます。

Q.試合前の研究は欠かせない?

「しますね。自宅のビデオルームで。
どっちサイドに持たせた方がこっちが守りやすいとか、
キーになる選手に誰からボールが出ているか、
その選手が持ったとき出てくるなぁと思ったら
それなりに準備できるでしょ?」

「絶対この試合勝ったるねんとか強い気持ちはあるけれど
それだけじゃあかんなぁと思うし」

なんと自宅のビデオルームで対戦相手の分析をしているんですね!

選手時代からこの分析はかかさず行っていたとのことで、本当に宮本恒靖さんのサッカーに対する姿勢には頭が下がります。

これは日本代表の監督として日本チームを率いる日もそう遠くはないかもしれません。

スポンサードリンク

 

1 Trackback / Pingback

  1. 宮本恒靖(ツネ様)サッカー監督の嫁は光子で画像は?息子や娘・父親も!

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*