鈴木サチの子供(息子)はハーフ?アレルギー?旦那(夫)の画像や髪型も。

Pocket

鈴木サチさんは、人気女性ファッション雑誌『AneCan』の元専属モデルとして、創刊から7年間もの長い間ご活躍されました。

『AneCan』を卒業されてから、『SWEET』『More』などの雑誌でお仕事をされ、その後現在は『SAKURA』や『VERY』などの雑誌で活躍されています。

ウェーブのかかったショートな髪型がとてもお似合いです。

また、ピラティスのインストラクターとしての資格も取得され、活動の場を多方面に広げています。

近年は一つのお仕事にとらわれずに、複数のお仕事を掛け持つ人々が増えてきましたからね。

モデルのお仕事と並行して、子育てにも励まれている姿に、多くのファンの方々から賞賛の声が挙がっています。

今回はそんな彼女の知られざるプライベートに迫っていきましょう。

 

子供は?

まずは当ブログのメインテーマでもある、子供の情報についてです。

彼女のインスタグラムにて公開されている子供の写真と共にご紹介します。

現在、鈴木サチさんはお子さんが2人います。2010年9月24日に長女を出産し、2012年6月14日に長男を出産しています。

2人の子供に恵まれて、上の画像から幸せオーラがこちらにも伝わってきますね。

息子さんと娘さん共に、名前や学校などの情報は非公開でした。

スポンサードリンク

 

ハーフなの?

その顔立ちからハーフなのではないかと噂されている鈴木サチさん。

調べたところ両親共に日本の方で、生粋の日本人であることが判明しました。

本当に綺麗な顔立ちをされています。

同じ日本人といっても、顔の濃い薄いは多少なりとも差はありますからね。

後ほどご紹介する旦那さんも日本人の方なので、2人の子供達は共に日本人です。

ちなみに鈴木サチさんにはお姉さんがいらっしゃるようで、顔の画像は一般の方なので公開はされていませんでしたが、名前はリナさんだと以下の画像で判明しました。

お姉さんの誕生日を実家で祝った際の画像で、しっかりと名前が確認できます。

きっとサチさん同様、姉のリナさんも美人なんでしょうね。

 

アレルギーなの?

ネット上で、鈴木サチさんの娘さんがアレルギーを患っているのではと噂されています。

どうやらこれは事実のようで、自身の公式ブログにて以下のように記述がありましたので、シェアさせていただきます。

娘は卵アレルギーがあります。
私も旦那さんも息子も食物のアレルギーは特にありません。

初めの頃は私も知識があまりなく知らずに卵が入っている物を食べさせてしまった事もありました。
湿疹がでたりひどい時は嘔吐をしたりする事がありましたが、それほど重症になる事はありませんでした。

スポンサードリンク

それが、娘が突然、舌がかゆいやお腹が痛いと言うようになり、口の回り、顔に湿疹が出始め、もどしてしまいました。

アナフィラキシーショックを起こしてしまったのです。

アナフィキラシーショックは迅速に対応しないと命にも危険が及びます。

幸いにも鈴木サチさんの娘さんは、すぐさま病院へと運ばれ命に別状はありませんでした。

今回の例では、卵のアレルギーがきっかけで発症しましたが、卵以外にも小麦や乳製品などの食品がきっかけで発症したとの声も数多くあります。

この出来事がきっかけで、鈴木サチさんはアナフィキラシーの理解を広めるために、啓発イベントにも参加されています。

人間生きていく以上、病とは切っても切り離せないのが現実です。

このようなイベントを通して、一人でも多くの方に改めて考えるきっかけを与えている鈴木サチさんは、本当に素晴らしいなと思いました。

 

旦那は?

続いては旦那さんの情報についてみていきましょう。

2009年9月に結婚されたことを公式ブログにて発表されています。

現在判明していることは、8歳年上の男性であるということと、Ryo the Skywalkerというレゲエミュージシャンの事務所関係者の方ではないか?ということだけですね。

こちらが人気レゲエミュージシャンのRyo the Skywalkerさんです。

彼の関係者ということなので、鈴木サチさんの夫の風貌もこのような感じなのかもしれません。

となると、気になるのが旦那さん本人の画像なんですが、インスタグラムやブログなどには一切写真が見当たらないんですよね。

子供を抱えている男性と一緒に写っている写真もありましたが、どうやら夫ではないとのこと。

職業が事務所関係者ではありますが、あくまで一般の方なので、このあたりはしっかりと対策してらっしゃるんでしょう。

 

離婚したの?

あまりにも旦那さんに関する情報が少ないので、離婚したのではないかとまで騒がれています。

このように騒がれている原因のもう一つに、インタビューでの旦那さんへの発言が関係していることがわかりました。

「産後1か月はすごいイライラして、泣くし怒るし、そうすると旦那が「出た、ヒステリック」って(笑)。1人目のときにそうなるってわかったので、2人目を出産したらまたそうなるから、ヒステリックって言わないでねって言っておいたのに、私がイライラしていることに旦那がイライラしたのか、わざと言ってきたの!そうするとこっちも「ヒステリックじゃない!ウオオ!」って・・・正直、産後2~3ヶ月くらいは「絶対離婚してやるー!」ってなってました(笑)。」

今振り返れば笑い話で済んでいますが、きっと言われた時は、本当に離婚しようと強く思っていたことでしょう(笑)

世の旦那様方、妻に対する何気ない言動に一つ一つ注意していきましょうね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*