伊原剛志の子供(息子)の学校は?現在の嫁や若い頃の画像も!韓国人なの?

Pocket

渋さが売りの俳優で、実業家としても成功を収めている伊原剛志さん。

彼の顔を見てふと思ったんですが、同じく俳優として活動している照英さんに似てると思いませんか?笑

目元が本当にソックリですよね!笑

そんな彼の知られざるプライベートに迫っていきましょう。

 

子供は?

伊原剛志さんは二度の結婚を経験しており、前妻との間に2人の子供が、現在の妻との間に1人の子供が、計3人いらっしゃいます。

それぞれの子供達について判明していることは、3人ともに息子であるということのみ。

名前や生年月日などの詳しい情報は公開されていませんでした。

人気俳優ですから、プライバシーはしっかりと対策されているといった感じですね。

 

 

学校は?

子供について調べていると、『学校』といったキーワードが出てきました。

有名人の子供達がどこの学校に通っているのかは、誰もが気になるところでしょう。

現妻との間に授かった息子さんは現在中学生で、元妻との間に授かった息子さんは2人とも二十歳を過ぎているみたいですね。

スポンサードリンク

現在上の2人はビジネス学を学びにロサンゼルスで留学しているそうで、伊原剛志さんも現地を訪れた時は2人を誘って一緒に食事に出掛けるそうです。

具体的な学校名までは分かりませんでしたが、息子さん達の現在の様子がお分かりいただけたかと思います。

息子と一緒に食事に行くとは、伊原剛志さんは子供達のことを本当に大切にされているんですね。

そして、ロサンゼルスに留学中の息子さんとの貴重なツーショット写真を発見しました。

とっても男前な息子さんじゃありませんか!

二十歳前後の若者なので、今後の成長が楽しみで仕方ありません。

ちなみに若い頃の伊原剛志さんの画像がこちら。

若い頃から、現在の風貌が漂っていたんですね~。

一部ネット上では、息子がサッカーを学ぶためにロサンゼルスに留学したのではないかと噂されていますが、以前出演されたテレビ番組で「息子はサッカーが趣味だ」とお話したことがきっかけで、このような噂が広まってしまったようです。

まさにネット時代の現代を象徴する出来事ですね・・・笑

 

嫁は?

2人の女性との結婚を経験されている伊原剛志さんですから、嫁についての情報も盛りだくさんです。

それでは順番にみていきましょうか。

まず1人目に結婚されたお相手が、女優として活躍されている相築あきこさんです。

気になる馴れ初めですが、NHKで放送された大河ドラマ『武田信玄』にて共演されたことがきっかけで交際へと発展し、結婚に至ります。

しかし、2000年に離婚してしまい、翌年の2001年に現在の嫁の伊原純子さんと再婚されます。

離婚した直後に、再婚されたことに驚いた方々も多いのではないでしょうか。

相築あきこさんとの離婚直後に、伊原剛志さんは以下のようにコメントを残されています。

「私は完全に結婚には向かないタイプ」

もし、この発言を相築あきこさんが聞いていたとしたら、どのような思いを抱いたのでしょう。

結婚は人生の中でも大きな決断なので、今後結婚を考えている読者の皆様も焦らずに慎重に行動してくださいね。

 

離婚と再婚の理由は?

女優の相築あきこさんと離婚した原因は、お互いの価値観が合わなくなったからだそうです。

先ほどの発言からも、束縛されずに自由に生きていきたい願望が伝わってきますからねね。

スポンサードリンク

では、一体何故、再び結婚に踏み切ったのでしょうか。

純子さんの懐の深さが再婚に踏み切ったようです。「家に帰りたくない」「束縛されるのはいや」「自由に生きたい」こういった気持ちをストレートに伝えたそうですが、純子さんから返ってきた返事が「全部それでいいじゃん」と、まさかの答えだったようです。それからだんだん結婚の方向に流れが向いていったみたいですね。

純子さんは伊原剛志さんの気持ちを受け入れる意思を示されたんですね。

人によって相性は異なりますが、まさにお二人はこの点が一致したんでしょう。

 

経営手腕が凄い!

実は純子さんは一般の方ではありますが、関西を代表する敏腕経営者であることが判明しました。

お二人とも実業家といった共通点もあり、再婚された背景にはそれらも大きく関わっているようです。

現在、純子さんは出産を経て、もともと、伊原さんが経営されていた、お好み焼き店「ごっつい」の社長に就任されています。

純子さんは地元で保育士として働いた後、フラワーデザイン、イベント司会、マネージャーなど、様々な仕事を経験された後に、人材派遣会社を起業されたとのことで、「ごっつい」においても、その経営手腕を発揮されているのだとか。

社長に就任された当時は都内に3店舗だったお店が、2012年時点で、なんと、全国に23店舗、ロサンゼルスに1店舗と拡大されているというのです。

このやり手ぶりはプライベートでも発揮されていて、伊原さんとのご結婚も純子さんの方から押し切る形だったのだとか!

現在は、お好み焼き店「ごっつい」の社長として、純子さんは経営に携わっているので、旦那の伊原剛志さんは俳優業に専念することができているんです。

結果的に売り上げは右肩上がりとなり、現在の年商は、なんと10億円!!

今後もさらに規模を拡大していくのか、注目していきましょう。

 

韓国人なの?

日本の芸能界は在日や元々韓国人だったことが多いのは有名な話です。

そして、伊原剛志さんも自らの口で、自身が韓国人であることを、『徹子の部屋』に出演された際に告白されています。

1963年11月6日に福岡県北九州市に生まれた伊原剛志の当時の名は「尹惟久(ユン・ユグ)」「自分の子供には、日本国籍で育ってほしい」との思いから、帰化することにしたそうです。

自分自身が子供の頃に、韓国人だったことで、いろいろな苦難を経験したことも同時に明かされていたので、子供達には同じような思いを味わわせたくなっかたのでしょうね。

今回のブログ記事全体を通して、伊原剛志さんは子供思いの優しい父親であることがわかりました。

スポンサードリンク

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*